時代の流れに合わせて|ねずみ駆除ガイド|上手にねずみを撃退する秘策

ねずみ駆除ガイド|上手にねずみを撃退する秘策

メンズ

時代の流れに合わせて

害虫

薬剤処理に頼らない

食品業界や薬品業界では、害虫駆除専門の業者に依頼して、防虫管理を行っているところが増えているのが現状です。こういった話から多くの人は、薬剤を多く撒いて虫がいない環境をつくりだすことを想像しがちですが、実際に逆の方向への取り組みをしています。できる限り虫が侵入してこない環境に改善を繰り返したり、工場内で虫の内部発生が起こらないような環境に改善するなど、薬剤を撒かなくても済むようにしているのです。これらは、製造物に薬剤が混入することを防ぐという目的で行っており、そのためには薬剤を使わないことが一番の対策となることを意味しています。もちろん、緊急対策として薬剤による害虫駆除を行う場合はありますが、それらは全て記録に残しすぐに履歴が確認できるようになっています。

さまざまなグッズを利用

薬剤を使わない害虫駆除を行うためには、建屋をはじめ、様々な工夫をしていく必要があります。一般に虫は光に集まる特性を持ったものが多くいることから、光を外部に漏らさないことが大切です。そのため、外部のドアを開ける場所には電灯を排除したり、虫に識別されにくい波長の電灯にしたり、といった対策を行っています。また、内部発生を防ぐためには、虫の発生、成長に必要な栄養源、水を排除するため、ゴミ処理方法を的確に行う、床の傾斜や排水溝の素材を変更する、などの対策も行われています。さらに、高所も含めて、ゴミだまりをなくしていくために、生産終了後は泡洗浄による壁、床などすべての設備の清掃を行うなど、清潔を保つことこそが最大の対策、という考え方で害虫駆除に取り組んでいます。一般家庭でも害虫に悩まされているところは多いですが、そういった場合でも同じように清潔にしたり、対策を講じたりする必要があります。いまは専門業者もいるので、食品を扱う業者、一般家庭問わず悩まされているのであれば相談してみましょう。